水回りのリフォームの平均相場とリフォーム事例

リフォームに必要な費用

リフォームの一般的な予算

一般的な水回りのリフォームの費用を列挙する。

キッチン 60~500万円
バスルーム 70~200万円
洗面所 10~80万円
トイレ 10~70万円

つまり、最少で150万円、最多で650万円程度の費用が必要ということになる。それだけの覚悟を持ってリフォームに臨まなければならない
まずキッチンだが、これはキッチンのスタイルそのものを変更するかどうかによって予算が大きく異なる。キッチンのスタイルは、大きく分けて4通りあり、I型、L型、U型、アイランド型である。また、キッチンの台の高さや、表面の色・材質を変更するリフォームをする人も多い。リフォームを機にIHクッキングヒーターにしたり、煙の感知器などの火事対策を増強する人もいる。

バスルーム、洗面所、トイレ

バスルームは、ユニットバスをどう入れるかによってリフォームの見積もりが変わってくる。既製品の規格がはっきりしているユニットバスを使う場合は安いコストで押さえられるが、身長とうまくマッチしないと快適な入浴をすることが難しいかもしれない。かといって浴槽を特注したり、手すりを増やすなどのバリアフリー化を行ったりすると、使いやすいかもしれないがより多くの費用が必要だろう。
洗面所をリフォームするときは、バスルームとセットで脱衣所もろとも綺麗に作り替える場合が多い。バスルームとの接続や、目隠し板の有無などで予算が変動すると考えられる。
トイレはタンクレスにするかによって機種の値段が大きく変わるので注意が必要である。


この記事をシェアする